Hidemi Shimura

Currently Reading

デッサンとCG

デッサンとCG CG Hidemi Shimura
 CGデザイナー募集によくCG作品+デッサン作品あれば送ってくださいとあるけどあれはなぜでしょう。なんとなく関係あるのは分かるけどデッサンという行為が役に立つ具体的な理由は?今まで考えたことなかったけど考えてみた

1、物の形をシンプルな捉え方で見ることができるようになる。物体はみな直方体、円柱、
  円錐、球の組み合わせでできている。
  (モデリングが早くできるようになる?)
2、効果的なライティングの仕方が分かる(少ないライトで効果的に!)
3、かっこいい構図の決め方が分かる。一番描くのが簡単な角度が一番その物体が
  かっこよく見える角度、立方体を真正面から描いても何だか分からん…
  (カット割りとか絵コンテ描くのに役立つ?)
4、集中力がつく (この仕事には必要かも)
5、腕に筋肉がつく、筆圧がやたらアップする(鉛筆がマウスになっても役に立つ?)

などなどが浮かびましたが
結局デッサンとは長時間物を見るという行為そのものの事では?
人の目って普段見慣れてるものもあんまり見てないとか言います。
デッサン初心者期はもう描くことがないよーとかって時間が余っちゃったりするけど、続けるうちに同じ物体をいくらでも描き込んじゃうようになります。
それって最初は見てるつもりでも見えてなかった部分が段々目が肥えて見えるようになっていくという事?

 じゃあ日常生活でもやたらしつこく物を見たりするようにすれば同じような効果が得られるかも。CGやっててデッサンやるといいかもって思ってる人多いみたいだけど、CGの仕事は忙しいからそんな時間ないし。
 
こちらデッサン学習に役立ちそうなHP↓
http://dessin.art-map.net/index.htm

 でも別に私昔デッサンかなり練習したけど、今は絵コンテもうまくかけないし、CG職人としては凡庸な感じだし、はたしてなんの役に立ってるのか?

 あと、デッサンがどうのこうのと関係なく「こだわりの眼」を最初から持って産まれた人もたくさんいますし…
 
あ、なんかデッサンに否定的な締めになっちゃった…

2 comments on “デッサンとCG”

  • あし

    たまには書き込み
    CGとはちょっと違うかもだけどさ。

    PCでの画像のレタッチをよく頼まれる。
    主に写真のね。
    やりかたとか習った訳じゃないし、使うのもフォトショップのごく一般的なツールのみ。
    でもやってみるとこれが。デッサン力がかなーり必要なのよ。あるとなしとじゃ大違い。下手な人のレタッチってものすごく不自然。例えば画像の合成なんて背景なんか特に、遠近法を知ってる人と知らない人じゃアングルも違うし。
    「CG」ってまあいろんな種類あるんだろうけどさ、グラフィックと呼ばれるからにはデッサン力は必要じゃない?
    もちろん、描いたこと無くてももともとそういうバランス力のある人はいるだろうけど。面接でそれのあるなしがわかったら判断しやすいということじゃないかなー・・・と思いました。CGの経験が浅くても、そういう根本のバランス感覚を見れば将来性もある程度見越せる・・・とか。
    長くてゴメン。

  • shim

    ありがと
    すごい分かりやすいご意見ありがとー。
    デッサンが重要かどうかって言うよりデザインとかの仕事そのものがデッサンと言う行為の延長上にあるのかもね。
    脳みその使う部分が一緒な気がするし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。