Hidemi Shimura

Currently Reading

バブルは嫌いでして

 2年前ごろからじわじわときていた中国絵画バブルですがやっと新聞の記事に。バブルの崩壊とともに青春時代を迎えた私としてはバブルの恩恵をちっとも受けておらず、「バブル」という言葉には‘いつかぱっと消えてなくなる恐ろしいもの’というイメージがあり。バブル期は日本美術界もウハウハでにわかアーティストが増えたり、印象画の絵画いっぱい買っちゃったりしたそうだけどその面影はいまいずこ?とあっというまに寒々しい感じだし。中国が同じ道をたどらないことを祈ります。バブルがはじけて一番かわいそうな目にあうのはアーティスト達ですからねー。
 株に飽きた人々がこの作品が上がりそうですよとか言われて買っちゃってるんだろうけど、それじゃ何にも楽しくないだろうし家にあっても邪魔になるだけだろうに。作品へ投資する時は自分がとにかく気に入って値が上がりそうだと信じるものを買わないと。いわば作品への投資ではなく自分のセンスに投資する!くらいの気合でやれば面白いのでは?

 中国の画家達のテクニックはかなり高いレベルにある(テクニック重視の教育だから)と思うけど現代美術に関してはピンからキリまである感じで。いくら中国だからってそろそろ革命画っぽいのとかは見飽きたなーと思っていました。しかし、11月に798芸術区での展示を見たところによると先端にいる人々はすでにとっとと新しいスタイルに移行していたので安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。