Hidemi Shimura

Currently Reading

中国★美の十字路展 No2 (らくだ編)

中国★美の十字路展 No2 (らくだ編) アート ART Hidemi Shimura
なかなかナイスならくだ達がいたので記録しとかないと。

(左)牽駝俑 加彩陶
   北魏(386-534)
   高 19.5cm 長 23cm
   内蒙古自治区博物館
 本例を駱駝とする理由は、背中に飛び出た二つの突起を瘤と理解するためである。しかし、それらは駱駝の瘤の特徴を的確にとらえているとはいい難い。(図録より)

(中)騎駝俑 加彩陶
   隋(581-618) 開皇17年(597)
   山西省考古研究所
 人が右手に持ってるのは楽器もしくは食べ物らしい。駱駝と人の大きさのバランスがどう見てもおかしいのだが、結果的に美しいシルエットに仕上がっている点が興味深い。 

(右)駱駝 加彩陶 
   北周(557-587) 天和4年(569)
   高 18.4cm 長 20.5cm
   固原博物館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。