Hidemi Shimura

Currently Reading

寧波博物館 Ningbo Museum No.2

寧波博物館は中もかなり広くて充実しています。
3階では昔の家並みや風習を再現した展示、2階では原始時代からアヘン戦争までの文化や歴史が順番に展示されています。1階では企画展が行われていていつも変わるようですが、今回は仏像展(観音展)をやっていました。
明代のあたりで電池切れになったのでそこから写真がありませんが、予想していたより展示のボリュームがあります。寧派の港は昔から日本と交易があり、遣唐使が着いたり、鑑真などの僧が日本へ出発した場所でもあるので展示にも日本についての記述がたびたび出てきます。
寧波の郊外にあるし見るのに時間がかかるので、1日がかりで遠足気分で見に行くのが向いています。中国では国立の博物館や美術館は特別展を除いてすべて無料です。

Inside Ningbo Museum is also quite large.
In third floor, they exhibit old houses and traditional events in this area. In second floor, they exhibit culture and history from primitive times to the end of Opium War. It seems they always change exhibition in first floor. Now they are showing Buddha statue exhibition.
The volume of the exhibition was quite a lot than I had expected. Because my camera was out of battery around the Ming Dynasty, there’s no photo after that. The port of Ningbo has very long history of trading with Japan. Japan envoys in Tang dynasty also arrived in Ningbo. Monk, such as Ganjin was left for Japan from here. So they often mention about Japan in exhibition.
This museum is in suburb of Ningbo and it takes long time to see, visiting there as one-day trip from center of Ningbo is better. In China, national museums and art museums are all free except for special exhibitions.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。