Hidemi Shimura

Currently Reading

映画 マシューバーニー「拘束のドローイング9」 (とってもネタばれ)

 この手の映画は下手にコメントすると自分の底の浅さとかがあっさりばれるのでできれば感想は述べたくないところ…でも、観ちゃったんだからしょうがない

 何か(あとでお茶に使う茶器と判明)を箱に入れて包装してる場面に始まり、お茶会の前の入浴とか、髭剃りとか、阿波踊りの行列とか、船員たちが作ってた巨大な豆腐みたいなのとか、マシュー・バーニーはとっても儀式好きな人ね。
 大型船の中の茶室で茶を酌み交すうちに恋に落ちる二人の男女(マシューバーニーとビョーク扮する)。しかし、嵐がやってきて船の中はだんだん浸水していき、そして二人はなんと刀でお互いの足を解体していくのだが…とここまでは、江戸川乱歩の「陰獣」になんとなく似てるなあと思ったのですが。
 なんと二人にはジュゴンの尻びれみたいのが生えて人魚になっちゃったのでした。このようなファンタジーな展開になるのか!と思った次第。
 
 足の解体→尾びれが生えるが古いものを解体して新しいものが産まれるという意味だったとすると、ちょっと腑に落ちない。大陸的には古いものを壊した後に新しい文化が生まれるというサイクルが存在してきたかもしれない。日本の場合はちょっと違って古いものが妖怪のように変幻しつつ新しい物になっていくという在り方だから、きっと二人が日本人だったら足が段々尾びれに変形していくという形をとったのではないだろうか。
 しかし、もしかしてそこに「日本人よ古い殻を脱ぎ生まれ変われ」みたいなメッセージが含まれてたりするのかなー(いや、たぶんそれはないな)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。