Hidemi Shimura

Currently Reading

高飛車なアーティストはなぜ生まれるのか?という疑問

仕事柄ごくまれにとてもありえない態度の日本人アーティスト(ていうかアーティスト気取り?)に遭遇することがあって、最近もそういう事があってびっくりしました。さらにびっくりしたのは日本にはそんな若手アーティストは珍しくないって聞いてこれは由々しき事態!と思った次第です。あ、でも私が今まで遭遇したのは全然売れてない人ばかりだから、ちゃんとプロとしてやってる人たちはみんなちゃんとしてますけど。

勘違いアーティストにありがちなのが、「私ってすごい!私って特別!だから私と仕事したかったらこれくらいの条件は当然要求しますよ!」みたいな態度の人ですが、あれは一体何をどうしたらあんなに勘違い出来るんでしょうか?世界的に見ればあなたと同じレベル、いいえそれ以上の作品を作れるアーティストなど何千人、下手したら何万人もいます。展示したら作品がガンガン売れちゃう売れっ子アーティストならともかく、あなたの作品を飾るだけでどれだけのコストをギャラリーが負担しなければいけないのか想像したことがあるのですか?と言いたいです。

とはいえ、若いうちに作品がうっかり売れ始めちゃって高飛車になっちゃう人の気持も分かります。ですが、アート業界も次から次へと新しい人が誕生するし、大衆心理など移ろいやすいものですから、今売れてるからといって明日も必ず売れ続けるという保証はありません。いい気になって高飛車な態度をとっていると作品がちょっと売れなくなった時点で、待ってましたとばかりにエージェントから切られるでしょう。もし同じレベルのアーティストが2人いたら人柄の良い方が選ばれますから。

さらに今回なぜアーティストが調子に乗りやすいかを考えた所、なぜ日本ではアーティストが「先生」と呼ばれているのか、にも関係があるという結論に至りました。日本ではまだアーティストが単なる職業の一つだとは認識されておらず、なんかちょっと意味分かんない怪しい人と思われがちです。(というか私はそう感じています。)結果、臭いものには蓋をしろ的な発想で、もう芸術家なんてよく分かんないし「先生、先生」とか呼んで適当におだててごまかしておけ!みたいなノリもあると思います。そうじゃなくてもアートってなんか意味分かんないけどすごい!みたいな扱い受けることもありますよね。そんな感じで若いアーティストの中には勘違いしちゃう人も中にはいるのでしょうね。

かくいう私もアーティストなりたての頃順調だったので、あのままうまく行ってたら今頃すごく高飛車な人だったかもしれない!と思うと背筋が凍る思いです。むしろまだ若いうちに不景気を味わっておいて良かったわ!と思います。ちなみに、なぜか私も「先生」と呼ばれてしまう時がありますが、あれは本気で嫌なのでやめて欲しいです。今度から「先生」と呼ばれたら断固無視します!

※ちなみに高飛車の由来は将棋の飛車から来ているそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。