Hidemi Shimura

Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ

  • 中国蘇州にアーティストインレジデンスに Artist in residence in Suzhou 2010-07-02 上海の万博の喧騒を逃れて、中国江蘇省蘇州市郊外にある本色美術館にアーティストインレジデンスにやってきました。 今から4ヶ月くらい滞在予定なので蘇州情報とか制作日記とか載せていこうと思います。  こちらの美術館は二年前にオープンした私立の美術館で蘇州の市内から若干遠いのが不便ですが、常に素晴らしい展示をしている将来が楽しみな美術館なのです。  特に8月5日までは美術館始まって以来の大型展示、44名の中国人アーティストによる展示”中国性”をやっていて、なかなか見応えがあります。  タクシーなら蘇州駅から25分くらい(50元くらい)で着くので、現代美術好きな方は蘇州に来たついでに是非どうぞ。  I’ve just escaped from noisy Shanghai city, then moved to “True Color Museum” which is in suburb in Suzhou as artist residency.  I’m going to stay here for four month, so I’m going to write about Suzhou info and how I make artworks there.  This museum is a private museum which opened two years ago. It’s a ...
  • “Project HOME” 四川省地震被害者救済イベントin香港 2008-10-29 メールで参加お誘いのお知らせがあったのですが非営利アート団体”Art Fete Brings Hope”主催の四川省地震被害者救済イベントが香港にて行われます。 ホームページ http://www.artfete.org/ fecebookの詳細ページ http://www.facebook.com/group.php?gid=2235485123 (中国語)  展示のテーマは「家」ということで家をイメージした作品を募集中、だそうです。家をイメージした作品がある!という方、チャリティに参加したい方参加お願いします。  私も家に「家」をイメージしたような作品があるのでこれを出そうかと考えています。 プロジェクトに参加希望のアーティストは作品実物を直接事務局まで発送 事務局住所: Room 2004, Wang Tao House, Wang Fuk Court, Tai Po, Hong Kong →作品は展示後サイレントオークションにかけられ売り上げは地震被害者の復興活動に寄付される もしくは 作品の画像をメールにて(プリントアウトして展示することを了承した上で)発送 メールアドレス: artfete@gmail.com →プリントしたものを展示し、来場者からの寄付を募る 第一個展覽 場地:香港島銅鑼灣的「Delay No Mall」商場(www.dnm.hk) 展期:11月21日至12月5日 展覽內容: 一、來自20個國家/城市、20種藝術媒介、60位藝術創作者、超過100件作品; 二、一位在四川地震後兩個月即七月十二日親自到四川災區視察的香港人的災區攝影作品; 三、「土木再生家園重建」計劃(www.retumu.org)的內容,當中包括在四川已成功落成和運作的學校資料;以及 四、香港城市大學創意媒體學院學生的多媒體互動作品。 ※Delay No Wall 68 Yee Wo Street, Causeway Bay, HK Tel: 2577-6988 Fax: 2577-9191 Opening Hours: Daily 12:00 noon – 10:00 pm Transportation: MTR – Causeway Bay Station Exit F
  • ART系SNS Myartspace 2008-10-28  Myartspaceは欧米系ソーシャルネットワーキングサービスMyspaceのアート版でアート関係の人ばっかり登録してます。ひょんなことから知って登録してみたらサイトのFeatured Artistに入れてもらえました。ちょこちょこフリーアートサイトのお知らせとかプロジェクトへの参加の誘いとかも来るからいいかも知れません。  かといっていきなりギャラリーから個展のお誘いとかはさすがにないけど、結構登録してるアーティストはレベル高い人が多くって、他のアーティスト達の作品を見るのもまた楽しいです。  最近は経済危機で不景気な時だと作品も売れづらくなるのでアーティストは大変な時期になると思うのですが、逆境時は逆にチャンスなのです。なぜなら将来本気でアートで食べていこうっていう気がない人たちはちょっと逆境に陥ると勝手にドロップアウトしていってくれるから。ほんとにやる気がある人はただひたすらやるべきことをやっていればいいだけ。  しかし私も営業活動がんばらないといけません。ギャラリーに送るように作品のポートフォリオがんがん印刷してます。ギャラリーを手伝ってみて分かったけどギャラリーは常に新しいアーティストからのプレゼンを待ってます。だから遠慮しないでがんがん送りましょう。  でも送る前にちゃんと自分の作品のテイストとあったギャラリーを選ぶことが大切。あとギャラリーの人も結構忙しいから返事がすぐに来なかったとしてもしかたがないです。また、返事がいつまでも来なかったとしてもいちいちがっかりしないでさっさと次に行きましょうー
  • Japanesque展 2008-09-25 今手伝っている上海のギャラリーLigareGalleryで”Japanesque展”が始まりました。 二人の書道家 八戸香太郎 塩川素子  彫刻家 山崎りょう 氏の三人展の予定だったのですがfedexで送ったにもかかわらず山崎氏の大型彫刻作品が税関で止められ、あらゆる手を尽くしたけど間に合わないという事態が…しかもこの作品は本人にしか組み立てられず、山崎氏は次の日に帰国しなければいけなかった為、今回は展示できなくなり大変申し訳なく思います。  しかし今回のリベンジとして彼の作品は上海春季アートサロンとギャラリーで再び展示することになっています。  オープニングパーティは八戸氏によるライブパフォーマンスと前衛舞踏家鈴木冨美恵fromダンスユニット96B210によるダンスパフォーマンスのおかげで盛り上がりました。  とっても美しいパフォーマンスでした。  今回の展示は10月12日まで(月曜休み)です。しばらく営業してみて場所柄のせいかどうも夕方からのほうが人が来るという事で、今週土曜から営業時間を14時~22時に変更することになったので仕事帰りの方も是非お越し下さい。  そして次のオープニングからは二階にあるデザイン会社の外に向けて投影できるプロジェクターを貸してもらえることになりました。路行く人の目を止める為効果的な使い方をしたいと思います。  このギャラリーはまだ出来たてのクリエイティブスペース内にあり奥まった立地なのでまだ知名度はないですが、良い展示を続ければ少しづつ認知度も上がるでしょう。あとはアートフェアに積極的に参加してうちはいい作品扱ってるよ!とコレクターにアピールする事かなあ。小さいギャラリーが生き残るには大きい所とは違ったやり方をしないといけませんし。       
  • アネット・メサジェ@森美術館 2008-09-01  写真&ペイントやそのへんに落ちてるものや手軽に手に入る安い材料を駆使して沢山の作品を作ってしまうこの人は天才!だと思った。時には機械を使って動くインスタレーションも作っちゃう。ぬいぐるみとかかわいいもの使ってるくせに残酷さを作品に含んでいる辺りも素晴らしい。  私の作品もいつもMixedMediaなのですが普段自分の作品を言葉でどう説明してよいか分からないので、こういう一口で説明できないものを見ると励みになるのでした。  若いときは友達に「ジャンルを一つにしぼらないと有名になれないよ」とも言われたらしいけど、そんな意見は聞かなくて正解でしたね。ちゃんと意思を持って続けてれば周りが付いてくるものです…