Hidemi Shimura

Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ

  • かわいいドア Cute Doors No.1 2010-07-06 蘇州にはかわいいドアが多い There are many cute doors in Suzhou. ある家のドアと窓 Door and windows from a house 電柱 electric light pole
  • 蘇州路地裏情報 Suzhou Back Street Info No.1 2010-07-04 蘇州でのアーティストインレジデンスには一つ決まりがあり、それは”蘇州に関係がある作品を制作する”ということ。私の場合は、①蘇州の街を写真にとってその中の色で作品を作る、②蘇州特産のシルクの刺繍糸を材料に使う です。 というわけで蘇州の街をうろうろして写真を撮るのです(ていうか観光?)大通りはどこも同じですから運河脇の小さい通りを目指していきます。まずは 滚绣房-吴衙场 という十全街の北側にある小さな通りから。 There’s a rule in Artist Residency in Suzhou. It’s “To make artworks related to Suzhou”. In case of me, 1,Shoot photos in Suzhou and use colors from these photos for making artworks. 2,Use silk thread from Suzhou. So first walk around Suzhou and shoot photos. Main streets are almost the same in any places, so I’ll ...
  • 本色美術館レジデンス応募方法 How to apply True Color Museum 2010-07-03 本色美術館アーティストインレジデンス概要: 本美術館の駐館芸術家(アーティストインレジデンス)は芸術交流のオープンなプラットフォームとして計画され、すべての国内外の現代美術作家が申請することができます。応募後、本美術館の学術委員会は会議を通して最後の候補者を確定します。審査を通過したアーティストは本美術館に1ヶ月~6ヶ月の間滞在して作品制作します。美術館はアーティストに居心地の良いアーティスト用アパートの一室と明るい広々としたアトリエを無料で提供し、さらに芸術家の制作状況に応じて美術館での展示の機会も提供します。滞在中の飲食、交通、個人の安全管理はアーティスト本人が自弁します。本美術館には同時に10人までのアーティストを受け入れることができます。 応募は一年中受け付けています。まずはメールでinfo@truecolormuseum.orgまで問い合わせをし(英語、中国語)、応募要綱に記入してメールで送り返します。審査に結構時間がかかるかもしれないので余裕を持って応募しましょう。 美術館があるのは郊外の工業地帯でまわりは工場と運河と古民家とスーパーが一個です。美術館の建物内は居心地がよく、夜はとても静かなので作品制作には良いです。 滞在終了後、もし作品を美術館が気に入った場合は買い上げられます。そうならなかった場合でも作品は持ち帰ることが出来ます。寄付する必要はありません。 これはちょっと間違いだったらしく、最後に滞在したアーティストは作品を数点寄付する必要があります。 About Artist in Residence in True Color Museum : Artist in residence in this museum is planned as a opened platform to exchange the art, and all domestic and foreign contemporary artist can apply. After application, the committee in this museum decides the last candidate through the conference. The selected artist will stay in this museum ...
  • 中国蘇州にアーティストインレジデンスに Artist in residence in Suzhou 2010-07-02 上海の万博の喧騒を逃れて、中国江蘇省蘇州市郊外にある本色美術館にアーティストインレジデンスにやってきました。 今から4ヶ月くらい滞在予定なので蘇州情報とか制作日記とか載せていこうと思います。  こちらの美術館は二年前にオープンした私立の美術館で蘇州の市内から若干遠いのが不便ですが、常に素晴らしい展示をしている将来が楽しみな美術館なのです。  特に8月5日までは美術館始まって以来の大型展示、44名の中国人アーティストによる展示”中国性”をやっていて、なかなか見応えがあります。  タクシーなら蘇州駅から25分くらい(50元くらい)で着くので、現代美術好きな方は蘇州に来たついでに是非どうぞ。  I’ve just escaped from noisy Shanghai city, then moved to “True Color Museum” which is in suburb in Suzhou as artist residency.  I’m going to stay here for four month, so I’m going to write about Suzhou info and how I make artworks there.  This museum is a private museum which opened two years ago. It’s a ...
  • “Project HOME” 四川省地震被害者救済イベントin香港 2008-10-29 メールで参加お誘いのお知らせがあったのですが非営利アート団体”Art Fete Brings Hope”主催の四川省地震被害者救済イベントが香港にて行われます。 ホームページ http://www.artfete.org/ fecebookの詳細ページ http://www.facebook.com/group.php?gid=2235485123 (中国語)  展示のテーマは「家」ということで家をイメージした作品を募集中、だそうです。家をイメージした作品がある!という方、チャリティに参加したい方参加お願いします。  私も家に「家」をイメージしたような作品があるのでこれを出そうかと考えています。 プロジェクトに参加希望のアーティストは作品実物を直接事務局まで発送 事務局住所: Room 2004, Wang Tao House, Wang Fuk Court, Tai Po, Hong Kong →作品は展示後サイレントオークションにかけられ売り上げは地震被害者の復興活動に寄付される もしくは 作品の画像をメールにて(プリントアウトして展示することを了承した上で)発送 メールアドレス: artfete@gmail.com →プリントしたものを展示し、来場者からの寄付を募る 第一個展覽 場地:香港島銅鑼灣的「Delay No Mall」商場(www.dnm.hk) 展期:11月21日至12月5日 展覽內容: 一、來自20個國家/城市、20種藝術媒介、60位藝術創作者、超過100件作品; 二、一位在四川地震後兩個月即七月十二日親自到四川災區視察的香港人的災區攝影作品; 三、「土木再生家園重建」計劃(www.retumu.org)的內容,當中包括在四川已成功落成和運作的學校資料;以及 四、香港城市大學創意媒體學院學生的多媒體互動作品。 ※Delay No Wall 68 Yee Wo Street, Causeway Bay, HK Tel: 2577-6988 Fax: 2577-9191 Opening Hours: Daily 12:00 noon – 10:00 pm Transportation: MTR – Causeway Bay Station Exit F