Hidemi Shimura

Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ

  • 「フォロー・ミー! 新しい世紀の中国現代美術」展 (椿編) 2005-09-12  椿の枝がガラスの中に3本飾ってある作品があって、花を飾ってるだけ?と思いつつキャプションを読んだら椿の花は肉で出来ています。と書いてあり非常に空腹だった私はにく!肉だ肉!うまそー!と思いその瞬間から花は肉にしか見えなくなりました。  作品のコンセプトは確か(肉に夢中すぎて忘れた)社会における人間の見方がどうとかとかいう内容だったけど。人の脳というものは何かを一度こうだ!と思い込んでしまうともう他の見方は出来なくなってしまうものかもしれません。 偏見が生まれる瞬間ってこんな感じかも。  ある意味私ほど身をもってこの作品を体感できた人はなかなか居るまい… 図録が売り切れだったから作品名と作者名が分からない。メモっとけば良かった。
  • 中国★美の十字路展 No2 (らくだ編) 2005-09-11 なかなかナイスならくだ達がいたので記録しとかないと。 (左)牽駝俑 加彩陶    北魏(386-534)    高 19.5cm 長 23cm    内蒙古自治区博物館  本例を駱駝とする理由は、背中に飛び出た二つの突起を瘤と理解するためである。しかし、それらは駱駝の瘤の特徴を的確にとらえているとはいい難い。(図録より) (中)騎駝俑 加彩陶    隋(581-618) 開皇17年(597)    山西省考古研究所  人が右手に持ってるのは楽器もしくは食べ物らしい。駱駝と人の大きさのバランスがどう見てもおかしいのだが、結果的に美しいシルエットに仕上がっている点が興味深い。  (右)駱駝 加彩陶     北周(557-587) 天和4年(569)    高 18.4cm 長 20.5cm    固原博物館
  • 選挙ブーム 2005-09-10 某政党が配っているフリーペーパー「マニ○ェスト」。 配る時に「どうぞ、ただですよ!」って言われてなんか違和感… ただで当たり前じゃん! なんでお金払ってまであなたたちの政策を読まなきゃいけないの? それを刷るお金はどこから出てるのよ? って思いましたー。大人だからいちいち怒らないけどっ。 現代美術作家としては政治にも関心を持たなきゃいかん!と 常日頃自分に無理矢理言い聞かせ 投票にも無理矢理行ったりしてたけど、 今度の選挙は私の周りの人々も行く気満々だ。
  • ストップウォッチ 2005-09-09 ストップウォッチはCG制作者の必需品(私持ってないけど…) あると絶対便利!アニメーション制作に役に立ちます! 欲しくなっちゃったので調べてみた プリンター付きのまであるのね、陸上選手とかが使うのね。 でも銀色でアナログなのが一番かわいいわ。
  • 女だらけのCG会社! 2005-09-08 CG制作費の下降傾向が懸念される今日この頃ですが、ならば会社にも 他と差を付ける付加価値をつけねば!というわけで 「女だけのCGプロダクション」、いかが? イメージ的にはチャーリーズエンジェルなんだけど。 チャーリー以外は全員女性ね。(中性も可) 締切直前に無茶な修正とか依頼されたら 「うーん…徹夜すると肌荒れますから…」 「そこをなんとか!エステのチケット付けますから!」 「……じゃあ、やりましょう!」 とかアホな光景が繰り広げられるかも。 チャーリー役は一体誰が? 結局チャーリーが一番大変そうだけど だって営業とかスケジュール管理とかはチャーリーが全部やってるんでしょ?