Hidemi Shimura

Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ

  • フンデルトワッサー Hundertwasser 2004-12-24 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura 私の愛するフンデルトワッサー(画家であり建築医)が手掛けたごみ処理場が大阪舞州にあります。駅から工場地帯を歩くこと40分(バスが1時間に1本しかなかった)。中を見学したい場合は10日前までに要予約です。見学ツアー人気あるみたいです。 こんなカラフル過ぎる公共施設を作れるのは大阪だけ? フンデルトワッサーおなじみの屋上庭園と窓から飛び出す木も健在です。
  • 国立国際美術館&グラフビル 2004-12-24 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura 大阪にある国立国際美術館にてマルセル・デュシャン展を見ました。写真は売ってたステッカー。これを貼ればデュシャンお得意のレディメイド作品が誰にでもお手軽に作れます。裏に「便器へのご使用をおすすめします。」と書いてあるのがナイス。デュシャン展は横浜にも巡回するそうです。 美術館の隣の川沿いには関西で大活躍のクリエーター集団GRAFのビルがあり、ショップ&カフェ&工房などが入ってます。5Fのカフェは混み混みですっかりおしゃれスポットな感じです。
  • 西式九層塔醤 xishijiucengtajiang 2004-12-18 材料 にんにくすりおろし小匙2、中華バジル細かく切ったもの大匙1、冷水大匙3、落花生粉大匙1、パルメザンチーズ小匙2、塩小匙1、胡椒少々 作り方 以上をよく混ぜる 九層塔とは中華バジルのことだそうです。西洋のバジルよりもエスニックな香りがするそうですがなかなかないので普通のバジルで代用。
  • 抹茶皮の作り方 2004-12-18 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura 材料 強力粉2杯、塩少々、抹茶小匙1、熱湯大匙1、水約1カップ 1、抹茶にお湯を入れて溶かし、水を加える 2、強力粉、塩に1を加えてよくこねる。(100回くらい) 3、上に濡れブキンをかけて15分寝かせる。 芋皮の時と同じように皮を伸ばして作る。(この包み方の場合小さめに) 包み方は写真のように(1つの餃子に2枚使う)なのですが全然解説がされてないのでいまいち分かりません。
  • 番茄水餃 fanqieshuijiao 2004-12-18 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura トマトのイタリアン風餃子です。(20個分) 材料 豚挽肉 100g、トマト(大)1個、にんにく 2片、たまねぎ 1/8、パルメザンチーズ 大匙1 調味料 塩小匙1/2、黒胡椒小匙1/3、砂糖小匙1、片栗粉小匙2 作り方 1、にんにくをみじん切り、トマトは種と汁を除いて細かく切る。玉ねぎもみじん切り。挽肉に混ぜてよくこねる。 2、餃子の皮に包み沸騰したお湯に入れてゆでる。 皮は上記の抹茶皮、たれは上記の西式九重塔醤にするといいようです。 私が作った時は包み方がいまいち分からず、抹茶の量も足りず、写真左のような出来に…うまくいくと写真右のようになります。しかし、味は非常に良かったです。