Hidemi Shimura

Currently Reading

どうすればギャラリーでの初めての展示の機会を得られるのか

またまたこちらから要約 http://www.artbusiness.com/artists.html

経験の無いアーティストがギャラリーでの展示の機会を得るには、作品をギャラリーに気に入ってもらうことが第一条件

ギャラリーがお金と時間とスペースを提供しても良いと納得させるためには、真剣に制作活動をしていて、将来の目標が定まっていて、今後何年も続ける意思があるということを伝える必要がある。

ギャラリーが一番嫌うのは展示をしたアーティストがいきなり制作をやめて他の事を始めること。

アートディーラーにとって理想的なアーティストとは、野心家、オリジナリティがある、リスクを恐れない、勇敢、人に感動を与える、などである。

アイディアが豊富、明確なヴィジョン、新しい分野への挑戦心、常に進化を遂げていけそうかなども判断される。

ギャラリーはビジネスについて知識のあるアーティストと仕事をしたがる。何年も一緒に仕事を出来る仕事のしやすいアーティストを探している。

たとえ初めての展示で期待通りの結果が得られなかったとしてもがっかりしないで前向きに頑張れるようなアーティストを好む。

作品を作ることが好きで、売れ行きの良い悪いにこだわらないアーティストを好む。一回の展示で全部作品が売れることを期待して売れ行きが悪いと文句をいうような人は好まない。

ギャラリーには前向きで、意思の伝達がスムーズで、プロフェッショナルで、礼儀正しく、正直であるところを見せよう。

ギャラリーのやり方を信頼すること。アーティストの中にはギャラリーに色々指示を出したがる人もいるがそれはダメ。

実績のあるギャラリーはリスクを避けて実績のあるアーティストを扱う傾向にある。もしあなたがまだ若くて経験が少なくて拒否されたとしても、あなたの作品が良くないということにはならない。

更なるポイント:
作品を売り込もうとしているギャラリーについてきちんと調べて理解しておくこと

まじめに堅実に作品を作っていてクオリティも安定していることをアピールすること

作品の価格について柔軟に対応すること、作品が売れやすい適切な価格を受け入れること

高望みをして完璧主義にならないこと

ギャラリーのオーナーに必要以上に電話やメールや会いに行ったりしないこと。連絡は必要最低限に

細かすぎることにこだわらないこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。