Hidemi Shimura

Currently Reading

はじめての受注制作

 こないだの展示を見てお友達が作品を買ってくれることになったので、せっかくだから彼女のイメージする色で新しい作品を作ろう!っていうことになった。
 どういうことかというと私の作品に使う糸の色は色々な写真を見ながらその中の色を拾って巻いているのでその写真を用意してもらうのです。初の試みなのでとっても楽しみ。
 普段は自分できれいだと思った写真を選んで使っているのだけど、作品制作中に細かいところまで見ながらその写真の場所に行った気になったりしながら作ってます。その行為はデッサンする時に対象をしつこく見るという行為にとても似ていると思う。
 しかし、他の人が作品を作ってるときに感じるであろう葛藤とか自分との闘いとかそういうのは私が作品作ってるときには一切ありません。前はこんなの作ってもただのゴミになるんじゃないか?とか悩みもしたけど初めて作品が売れてからはそういうことは全然思わなくなったし。今ではまるで中国とかの工場で働いているかのようなひたすら手仕事による無心の反復行為のみがあるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。