Hidemi Shimura

Currently Reading

カラヴァッジョ(caravaggio)の晩年

カラヴァッジョ(caravaggio)の晩年 ただのメモ, カラヴァッジョ Hidemi Shimura
ちょっとめちゃくちゃなので記す。(本「これならわかるアートの歴史」より)

1606年 ローマにてテニスの試合中
      (おそらくラインの判定をめぐって)
      口論になり相手を殺害、本人も大怪我を負う。
      なんとかナポリまで逃げ制作を続ける。
1608年 マルタ島に行き修道士となる。
      修道院長を侮辱し、独房に入れられる。
1609年 独房から脱走。シシリア島に渡り制作を続ける。
      ナポリへ行く。殺し屋に顔を短剣で刺されまくる。
1610年 テニスコート殺人恩赦のうわさを聞いてローマに戻ろうと船に乗る。
      途中、全然関係ないことで誤認逮捕される。
      釈放されるが重い熱病にかかり死亡。

カラバッジョ(1550年~1610年)
光と影を強調し人物群を配したバロック絵画の先駆者。激情の持ち主で破天荒な生き方をした。絵は「若きバッカス」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。