Hidemi Shimura

Currently Reading

新しい経済でのアート

またまたこちらのサイトより http://www.artbusiness.com/artists.html
まだ半分も読み終わってません、まだまだ先は長いです。
今回内容が難しいので訳がぎこちなくなっております。

経済の衰退による需要の減少により、車の価格が下落、商品価格の下落、原油価格の下落につながっている…美術作品の価格も例外では無い。そして、人々は本当に価値のあるものにだけお金を使おうとしている。

買い手はどのような価値を求めているのか?卓越性、高品質、生産性、献身的、責任感がある、評判の良い、職人的誇りなどである。

アーティストとして今の難しい時期を乗り越えることが出来たら、あなたの作品がバイヤーたちが求める価値があるということを証明する事になる。そのためにはただ好きだから作っているとか、自分にとって意味があることだからなど以上の意味を作品に持たせる必要がある。アートブームで人々がお金を持っている時代はそれで良かったが、ただアートは格好いいからと気が向いたときに気の向くままに作品を作っていられる時代は終わったのだ。

あなたのアートはサバイバルのために戦わなければならない。なぜそれが所有するに値するものなのかを有形無形問わず、理論的に、哲学的に、コンセプトや理想やインスピレーションや志しが具体的に表現できる方法でバイヤーに伝える方法がある。人々に商品に対してお金を使う気を起こさせるのが難しくなっているので、なぜあなたの作品が誰かの家やオフィスに掛けられる価値があるのか?どのように人々の生活を豊かにするのか?一言で言ってなんの役に立つのか?を伝える必要がある。

バイヤーは最高級なもの–意義、重要性、影響、普遍性、永遠に市場に供給され続けるような安定した品質の作品–を求めている。

アーティストとして自分自身に次の真剣な質問をして、その答えを作品に反映させなければならない。創作活動はこれからも続けるに値する事なのか?あなたのアートはどのようにアート全体の進歩と発展に貢献していくのか?どのように調和、交流、先見性、革新性、新しい視点、素晴らしさなどの実例となりうるのか?どのように人々の苦しみを減らし、生活を満たし、新しくより価値のある方向を示すのか?

これらの質問はアーティストだけでなく私たちみんなにとって考える意味のある質問である。なぜなら今すべてが急速に変化していて、5年前の世界とはまったく違った世界になりつつあるから。すべての人々がこれらの質問に対する答えを待ち望んでいる。

最終的な要点は?アーティストとしてのあなたは自分自身を絶対最高の作品を制作することに捧げる必要がある。自分自身を見据えて、何を伝えたいのか、実際どのようにこれらを成し遂げるのか、深遠な事だろうと明確な事だろうと、真剣に考える必要がある。毎日こつこつと働き、品質を向上させ、生産性を向上さ、逆境にいようともアーティストとしての立場に身を置くこと。献身的な鍛錬と真剣さによって、成功のためのチャンスは最大化される。それはとても単純明快で複雑なことではない。

アートは常に価値のあるものであり、高尚で進歩的な美学、風潮、人々が望む理想を表現する。アートは時代に関係なく存在し、才能、輝き、先見性、希望の具体化、信念、信じる勇気を表現する。癒しや美しさを—人々が日常のストレスやプレッシャーから逃げられるオアシスを与える。何があろうと素晴らしいアートは人々を元気付け、励まし、癒す力を持っている。結局、遠くない未来にすべてが再び良くなり、私たちが一時的に失ったものを取り戻す事になるだろう。

※要するに不景気だけど負けないで作品作り続けようーーという内容のお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。