Hidemi Shimura

Currently Reading

無視したいけど出来ないこと(美大バッシング?)

 RSSリーダーでブログを色々拾い読みしていたらどこかの知らない現代美術作家(ほんとに?)の人が

1、何故アートで飯を食おうとしている人が美大に行くのか分からない。
2、美大なんか学費が高いくせに行っても殆ど役に立たない。
3、公募団体に入る為なら美大に行かねばならないが、コンテンポラリー系の人は行く必要はない
4、美大や予備校が金欲しさに嘘をついてるからか?
5、現代美術は力、資本をうまく繋げる事がポイントで
6、そのことを考えると東大早稲田慶応に行くのが一番有利
とか書いてたんですけど

 何という偏った見方!アーティストってもっとシンプルなものよ?
 確かに現代美術作家にはプレゼン能力やプロデュース力とかも必要だけど、良いものを作らなきゃ売れないというのはどこの業界でも同じ事。アーティストの第一条件は良い作品を作り続けること!力とか資本やらはその結果として後から付いてくるもの。
 私の場合子供の時から家族でどっか行くというと美術館ばかりだったので気付いたら美大に入ってたって感じだけど、そこで学んだことが現在の作品の技法やマテリアルに反映されているので大いに役に立ったと言えよう。とにかく技法に関しては工芸的造形的グラフィック的とにかくたくさんかじってますからね。デザイン課だからちゃんとプレゼン方法とかも学べたしね。
 現代美術だとコンセプト重視でテクニックがおろそかにされがちで、もっともらしい理屈こねくり回してる屁理屈野郎が最近やたら多いんだけど
 アーティストは手を動かしてなんぼだ!ってことを忘れんな!
 豆腐屋がうまい豆腐作らないでどうする?ってのと同じことよ。

 あとねえみんな美大入るために予備校で毎日何時間も絵ばっかり描いてるんだけどその経験も決して無駄にはなってないね。私の物に対する観察力は膨大な時間のデッサンによって培われたんだもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。