Contemporary Artist Hidemi Shimura 現代美術作家 シムラヒデミ

Currently Reading

急に自分専用のオンラインストアを作りました。なぜかというと、友人に「なんで自分で作れるのにオンラインストア作らないの?」と言われて、「そう言えばなんでかな?」と思ったので、さっそく作ってみたのです。私はウェブ制作やディレクションをしていたので、オンラインストアも作れるのに、自分のは作っていなかったのです。
このストアでは、本人が運営している利点を生かし、色々実験的な試みを取り入れていこうと思っています。

1つ目は「スモール・アート・ア・ウィーク Small Art A Week」という、実験的かつ即興的な小作品を毎週最低1つずつ作ったらすぐにアップするというプロジェクトです。アップした作品は実験的なサンプル的作品という位置づけのため、1万円以内の価格設定で販売します。これは、画家にとってのラフスケッチやドローイングのような位置づけに当たると思いますが、私はドローイングとかはしないため、試してみたいアイディアが浮かんだ場合、いきなり試作品的な作品を作ってしまうということが多いです。そうしてできた作品は、その時々の私の考えに即して制作されたものなので、日記的な短文とともに公開していこうと思います。

2つ目は旧作をアウトレット価格で販売するというアート業界から批判されそうな試みです。前から洋服とかにはアウトレットがあるのに、美術作品はやっぱりダメなんだろうか?と思っていたので、自分のストアで試してみることにしました。作品の中には作った本人はすごく気に入っていてもなぜかずっと売れない作品や、なぜか展示の機会があまりないまま時が経ってしまう作品もあるのです。そして、私は基本的に制作してから3年以内の作品しか展示には出さないようにしているので、それらの作品が手元に残ってしまうのです。それがもったいないので、どうにかできないかと思っていたのです。

更に、なんと日本全国送料無料にしています。なぜかというと地域ごとに送料を変える設定を追加するのがすごく手間と時間がかかるからです。かなりお得だと思うので、是非今後ともどんな作品が追加されるか覗いていただければと思います。

オンラインストアを作ったからと言って、すぐに多くの人に見てもらえるわけでも、商品が売れるわけでもなく、地道に新しい商品を増やしたり、宣伝をしたりしていく必要があるので、まだまだこれからやることはたくさんあります。わりと飽きっぽい私ですが、内容を充実させるために飽きずにずっと更新し続けていけるようにしたいものです。
広告とかも出したいけどお金がかかるから無理かもしれないと思ったら、今小規模事業者持続化補助金なるもので、ウェブ制作費や宣伝費等の2/3が補助されるそうです。申請用の書類を準備するのは大変そうですが、ウェブサイトを作ったりリニューアルしたいアーティストの方は使ってみては?

オンラインストアをオープンしました hidemishimura, contemporaryart Hidemi Shimura

 

Related Posts

Please Follow Me