Hidemi Shimura

Currently Reading

今年の”SH contemporary”は延期です

Art Raderの記事によると今年の SH contemporary はスケジュール調整の都合により延期だそうで、2014年以降の予定については公式サイトにて発表するとの事。

SH contemporary は欧米とアジアのアーティストの作品が一度に見られる上海ではとても貴重な機会でした。特に普段あまり見られない東南アジアのアーティストの作品が見られ、その素材の使い方・テーマなどはユニークで新鮮でした。

今年の延期の背景には経済的な要因も大いに関係しているようですが、SH contemporary は2007年のまさに世界的にコンテンポラリーアートブーム(特に中国アート)が続いている時に第1回が開催され、その後の不況を経て今回の延期に至るという感じです。

既に数年前から売り上げがあまり伸びないので今年はないかもしれないという噂をいつも聞いていたので、むしろ去年まで良く頑張ったと言えます。SH contemporary は海外からの出展者がほとんどですが、不況のため中国に住む外国人が減っていること、上海から作品を持ち出す時の関税の問題(大きい作品は売れにくくなる)、中国人は中国人アーティストの作品を好んで買うので海外から作品を持ち込んで出展するメリットが少ない、など色々難しい要因もありました。

上海のアートフェアというともう1つ上海アートフェアがありますが、そちらは正直に言って作品のレベルがあまり高くないので(出展した事はありますが…)ここ数年見に行っていません。ですが、地元のギャラリーからの出展が多いのでもともと中国に顧客を持っている彼らにとっては作品が販売しやすいという利点があります。

つまり、SH contemporary への出展者は現地の地元との結びつきの強いギャラリーがライバルになるわけで、コネが大事にされる中国でほとんど作品の良さだけで勝負しないといけないと言う難しい状況に立たされるわけです。(とはいえ、普通はアートフェアって作品の良さで勝負する類のものだと思うけど…)

たぶん、このままのやり方ではうまくいかないので今年は一旦延期にしてみて何か良い解決策を考えようといった感じなのだと思いますが、来年からまたSH contemporary が無事に開催される事を希望します。

去年のSH contemporaryの写真が少しあったので載せておきます↓

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。