Hidemi Shimura

Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ

  • 森山大道式撮影法を試してみる No.1 2013-09-21 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura写真家森山大道氏のドキュメンタリー「ニアイコール森山大道」を見ました。 森山氏はファインダーを覗かずに違う方向を見ているふりをして人に気付かれないように写真を撮るという撮り方をしています。これははずかしがり屋の人が写真を撮るのには良いのではないか?と思って一昨日の夜から試してみています。 難しいけど普通に撮るのよりも面白いかも。時々思いがけないものが撮れてて面白い。 しかし、まだまだほとんどが失敗作である。    
  • Test shooting in Daido Moriyama style No.1 2013-09-20 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi ShimuraI’ve seen Japanese photographer “Daido Moriyama”‘s documentary “Near equal Moriyama Daido”. He shoot without looking at finder, pretending like he’s watching another direction. So people don’t know he’s shooting them. I think it’s good way for shy person shooting street photograph. Since day before yesterday’s night I started testing this shooting style. It’s difficult, but may be more interesting ...
  • 今日作り終わった作品いくつか 2013-09-10 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura写真がボケボケだけど一応今日完成した作品を代わりに載せておきます。 こちらはシルクの糸で出来ているので光沢があり角度によって見え方が違う。 単色の作品もシルクなら綺麗かなと思って作ってみました。 これらはコットンの糸で出来ているので発色が良く見える こちらもコットン シルクとコットンそれぞれ長所があるのでどちらが良いとも言えないけど、シルクの糸の方がつるつる滑るのでちょっと時間がかかります。 ※今日7個全部作ったって事ではなく、貼り合わせるのが今日終わったってことです。1個作るのに2日くらいかかります。
  • ドキュメンタリー映画「北京-ゴミの城壁」 2013-08-29 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimuraフォトグラファー王久良氏による北京のゴミ問題についてのドキュメンタリー「北京-ゴミの城壁」を見てきました。 映画の詳しい説明に関してはこちらを見てもらうと分かりやすいです。 映画を通して社会を変える 『北京―ゴミの城壁』 私が一番印象に残ったのは北京の郊外にある埋立地のゴミを分別するために(たしか)約2000人の農民が各地から集められ、それらの人々が手作業でプラスチックゴミなどを分類しているというあたり。 その人たちは埋立地のすぐ近くの煉瓦で建てた掘っ立て小屋のような家(3匹の子ぶたの絵本の挿絵にあった煉瓦の家のような)に住んでいます。 おそらく日本のメディアがそれについて記事にするとしたら 「中国のゴミ分別のために集められた農民-悲惨な暮らし!」 とかいういかにもなタイトルをつけそうな感じだと思いますが、 逆に、そのおばちゃんたちが拍子抜けするくらい明るかったのでびっくりしたわけです。 「この家は全部ゴミの中から拾った材料で建てたのよ!もう10年ここに住んでるわー。 今着てる服だって全部ゴミの中にあったのよ。だって新品のまま捨ててあったんだもん! まだ食べられる野菜とかも結構捨てられてるわよねー。」 という感じで、明るく話してたのでさすがに逞しいなーと思いました。 なんだか普段ちょっと辛い事があったくらいで泣き言をいう自分は恥ずかしいなと反省しました。 この映画の撮影当時よりゴミ問題は改善傾向にあり、政府もゴミの分別を促進しようとしていますが、まだ出来てません。 外国から見ると中国は政府が一声言えばすぐに国民が従う!みたいなイメージかもしれませんが、実際は意外とみんな言う事聞いてません。 シムシティをやった事がある人はよく分かると思いますが、一度埋立地を作ってしまうと土地が汚染されるので、元に戻るまで何十年もかかります。 私もつい中国だからあまり分別とかしなくてもいいかなと手を抜いていたのですが、これを見てからもっとちゃんとしないといけないと思いました。  
  • 寧波博物館 Ningbo Museum No.2 2013-08-22 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura寧波博物館は中もかなり広くて充実しています。 3階では昔の家並みや風習を再現した展示、2階では原始時代からアヘン戦争までの文化や歴史が順番に展示されています。1階では企画展が行われていていつも変わるようですが、今回は仏像展(観音展)をやっていました。 明代のあたりで電池切れになったのでそこから写真がありませんが、予想していたより展示のボリュームがあります。寧派の港は昔から日本と交易があり、遣唐使が着いたり、鑑真などの僧が日本へ出発した場所でもあるので展示にも日本についての記述がたびたび出てきます。 寧波の郊外にあるし見るのに時間がかかるので、1日がかりで遠足気分で見に行くのが向いています。中国では国立の博物館や美術館は特別展を除いてすべて無料です。 Inside Ningbo Museum is also quite large. In third floor, they exhibit old houses and traditional events in this area. In second floor, they exhibit culture and history from primitive times to the end of Opium War. It seems they always change exhibition in first floor. Now they are showing Buddha statue exhibition. The volume of the ...