Hidemi Shimura

Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ

  • 搅搅艺术展NO.1-聚集所有人的新年愿望! 2012-01-05 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura大家的【搅吧】   Kuma:“我们一起做个烧酒bar吧?能让大家快乐的酒吧。” Hanson“如此喧闹的城市中,分享每天的喜怒哀乐,享受生活吧。” 于是,在金陵东路乐器街上,喝着日本烧酒,听着reggae,我们的生活开始了。 【搅】–搅拌,搅动,搅合。我们希望每一位推开【搅吧】门的客人都能快乐的喝酒,分享音乐,艺术,任何琐事。交上五湖四海的朋友, 【搅吧】是大家的搅吧,因此我们真诚的邀请每一位朋友,一起来制造欢乐空间。您甚至可以在【搅吧】举行您的艺术展,音乐交流会,设计展,学术交流会,各类活动。 这次,我们将首次开展【活动名字】的艺术活动。今后的每月我们都想举办一次活动,为更多的艺术家提供展示场所,交流,交友。 大家一起来搅一搅吧! 搅搅艺术展NO.1 聚集所有人的新年愿望! 活动期间:2012年1月31日(周二)–2月29日(周三) 活动时间:14:00-02:00(每周一休息) 日本【節分】节,卷寿司专题活动:2月3日(周五)19:00-21:00 与艺术一起分享快乐吧!–现代美术作家志村英美   最近大家似乎都很忙的样子,都没有时间去看些展览活动。而我自己也没常去看。我自问艺术到底为何而存在?我觉得,艺术是为了给人们带来幸福感,快乐感,放松的感觉,欢快的气氛而存在。若是因生活的忙碌而没时间看喜欢的艺术,那我为何不让艺术更加融入大家的生活中去,拉近人与艺术的距离呢? 我知道自己将来要走的方向,当我听了【搅吧】的由来后,我立刻就决定了要在此地做作品展。这次我不仅会在壁面上展出我的作品,还想做【许愿收集】这种互动参与类型的作品。因此我想让大家可以轻松的品茶饮酒,同时感受艺术带来的快乐。 这些是前次活动展示的照片 -本次也会在轻松的气氛下举行 【许愿收集】 我是现代美术作家志村英美。这些是我去年开始做【许愿收集】作品的照片。希望本次大家也能愉快的参加,许下您今年的愿望,与我一起完成这个作品。 【節分】与【惠方寿司】Work Shop 与我一同做寿司吧! 2月3日式【节分】节,大家一起撒豆子,一起做惠方寿司吧。一起做鬼面具吧! 时间:2012年2月3日(周五)19:00-21:00 地点:搅吧Jiao Bar –金陵东路68号(近江西中路) 参加费用:100RMB(包含材料费,赠送寿司竹帘) 报名方式:021-3331-6559,panchorina@hotmail.co.jp 欢迎孩子们踊跃参加! 【節分】节 2月3日是日本的传统节日,【節分】节。冬天的结束,春天的来临。季节的分界,故名【節分】。在【節分】节那天,需做三件事。 孩子们将豆子扔向恶魔,驱邪祈福。 吃完炒好的黄豆,根据自己的年龄,几岁吃几粒。人们坚信吃完后整年都不会感冒。 被称作【惠方寿司】的卷寿司。【惠方】是指好运的方向,例如2012年为西北。对着此方向,闭上眼睛不说话,心中默默许下想要实现的愿望,吃完卷寿司。
  • Jiao Jiao Art Event No.1 – Collecting Everyone’s New Year Wish 2012-01-05 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura“搅吧 Jiao Bar” for Everyone   Kuma “Let’s make a new Syochu bar together? Let everyone spend happy time here ! ” Hanson “We all live in such a noisy city, so let’s share our emotions and enjoy life together! ” Thus, in a musical instruments street of East Jinling Road, drinking Shochu, listening to reggae, that’s how our ...
  • 作品を一気に仕上げる のお知らせ 2011-12-23 今日は糸を巻き終わった後放置してあった作品をだーっと仕上げました。 バーコード部分がいつもより薄くなっております。なぜなら最近世の中元気がないから、がんばれーという意味をさりげなく込めてみました。色合いもいつもより薄めでやさしい感じにしたつもりでしたが…出来上がってみたらいつもどおり派手だったという… 作品を見た方によく意味を聞かれますが、バーコード部分は人間自身、カラーの刺繍糸部分は私たちを取り巻く世界を表現しています。「この世界には様々な人・物があふれていてそれぞればらばらだけどお互いの違いを認めた上でバランスを保っている」という意味です。だから作品制作中は「この色の隣にはこの色がくると綺麗かな」とかそういうことは一切考えていません。どんな仕上がりになるかは実は本人にも作品が出来上がるまでは分からないのです。 新しい試みとして薄い色のペールカラーシリーズも作ってみました。めまぐるしい生活の中にいる人には色のない世界にいたくなることもあるのでは?と言う意味で。 今手元に50個作品がありますがあと50個以上作る予定です。目標100個です。そして来年は個展を開くのです。 その前にも展示はすると思います、というかさすがにそろそろ次の展示をしなくてはまずい!という感じです。 ↓一番大きいのは 90 x 53 cm、 ↓作り終わった作品もろもろ ↓製作途中の赤い作品
  • I’ve finished making new artworks 2011-12-23 Today I’ve finished making new “Silent Invader” series. The color of bar code part is lighter than always, which means whole entire world has less energy now. I want to bring some power to the world. I intended to use pale and gentle colors… but seems like these colors are still bright as usual… People who see ...
  • 浙江省麗水市松陽には”郷村798″芸術家写生基地がある 2011-12-13 北京には工場跡を改造した“798”芸術区がありますが浙江省麗水市松陽にも「郷村798」があるそうな。 この写生センターは穀物倉跡を改造したもので、まわりは楓と松の林・茶園・蓮池など田園風景に囲まれ、芸術家のスタジオ・美術館・芸術創作村が併設されている。 すでに多くの美術学院生などが写生センターを訪れている。 さらに芸術家100名余りが泊まれる部屋もあり、エアコン・電話・パソコン・お湯サーバー・専用のバスルーム・食事用スペースもついている。さらに700平米以上の展示ホールもあり芸術家は無料で展示できセンターは作品の管理も請け負う。 こちらから写真も見られます なかなかのんびりしてそうでいいかなあと思ったのですが、とくに画家の方はこちらに滞在して制作するのも良いのでは? しかし展示ホール700平米は広すぎでしょう!いつも思うんだけどそんなに広いと場所が埋まらなくて困るんですってば。どうして中国の美術館とかギャラリーは無駄に広くなる傾向にあるのかなあ。 箱を作る前に中身が大事だと思うんですけど…