Hidemi Shimura

Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ

  • 無印良品の「2014 福缶」 今年のおまけは? 2014-01-03 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura  明けましておめでとうございます。今年はかなり久しぶりに日本でのお正月を満喫してます。 去年から無印良品の正月限定商品、「福缶」を買っています。中には2014円分の無印ギフトカード、オリジナルマスキングテープ、各地の民芸品を集めた縁起物1つが入っています。 当然私のお目当てはこの民芸品たちです。福缶は2,014円なので、こんなに可愛いグッズたちが実質タダでついてくるということです! 今年我が家にやってきたのは、 愛知県 半田市 「乙川人形 招き猫」 福島県 白河市 「白河だるま」 青森県 弘前市 「下川原焼土人形 馬乗り子ども」 の3個でした。全部すごく良く出来ていてなんとも愛らしい感じです。 缶に入っている民芸品すべての解説が書かれた小さな本も付いているのですが、それを見るだけで楽しくて日本全国民芸品を集める旅に行きたくなってしまいます。来年も楽しみです。 近所の神社でおみくじを引いたら姉と全く同じのを引いてしまい、びっくりです。こんなことってあるんでしょうか? あまりにびっくりなので「おみくじの箱があまり混じっていなかった」とか「同じおみくじばかり入っていた」かもという疑惑が浮上しました。(そんなことはまずないと思うけど…) おみくじには 商売 相当な利益を得ます。 と書いてあり、熊手のおまけつきだったので、私今年は相当な利益を得るらしいです…
  • 今日の作品制作日記-75cm 2013-12-29 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura我が家に何かの景品でもらったらしいNintendo3DSがやって来てしまったので危険なのですが、ゲームをしたいという誘惑に負けずに頑張って作品を作っています。(私結構ゲーム好き、好きなジャンルはアクションRPG)
  • 今日の作品制作日記-60cm&上海からフェリーで大量の荷物を運ぶ 2013-12-27 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimuraいよいよ正月休みなので作品制作に集中できます。こちら先日上海から神戸行きのフェリー「新鑑真号」に乗った時の最後の引っ越し荷物 中身はほとんどが作品です。飛行機だと壊れそうで心配だったものを最終的に船で運びました。 「私荷物が多い、どうしようー」と思ったのですが、他の人達も荷物が多かったので全然平気でした。 荷物が1個多かったのでホントは超過料金を払うべきだったのですが、おまけしてもらいました。 船に荷物を載せる時は中身をちょっと聞かれるくらいで特にチェックしないので問題なしです。 しかし、日本についてからの港の通関は空港よりもチェックが厳しいです。 でも、もちろん怪しい物を持っていなければ問題なし! 港にはヤマト運輸があるので荷物はすぐに送れるので、家までは身軽に帰ることが出来ました。    
  • メリケンパークのアートがすごいらしい&今日の作品制作日記-70cm 2013-12-26 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura上海から神戸行きのフェリーで帰ってきたんですが、上海で「神戸だったらもう少し前にいいアートイベントやってたのに!あれに比べたら横浜トリエンナーレなんて美大の学園祭レベルですよ。」と言われ、(注:私が言ったのではありません!私は横浜トリエンナーレも好きです。) さらに、フェリーで一緒だった中国人に「ちょっと前までメリケンパークで面白い現代アートの展示やってたのに!中国とか韓国のアーティストもたくさん参加してすごく良かったですよ。」と言われ、 挙句の果てに、神戸港の通関の係官にまで、「もうちょっと早く来ればメリケンパークでアートのイベントやってたのに惜しかったですねー。」と言われ、 すっかり時代に乗り遅れて神戸に着いた人のような扱いを受けたのですが、その噂のイベントとは「神戸ビエンナーレ」でした!そこまで良いと言われるとすごく気になります。次回は再来年2015年になりますが、絶対行ってみたいと思います。
  • さようなら&ありがとう上海 2013-12-26 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura上海から日本へフェリーで本帰国してきました。フェリーで中国を離れるのはセンチメンタルな感じがしてとても良いもんです。フェリーはゆっくり動くので、中国を少しずつ離れていく感じがします。 上海には6年以上住んだわけですが、自分でもそんなに長く住むとは思っていませんでした。上海と中国については未だに分からないこと、疑問に思うことがたくさんあるので、帰ったらたくさん本を読んで勉強したいと思います。 ほとんどの外国人にとって上海は単なる通過点であり、上海の街はそうした人々をずっと昔から受け入れ続けてきました。ここでは色々な国の人と出会い、色々な文化を垣間見ることが出来ました。 上海はとても近くていつでも行けるので、実際の所、引っ越したという感じはまだあまりありません。 中国と日本の政治的不仲のため、中国に住むことを心配されたこともあります。ですが、その問題のせいで嫌な目にあったりしたことは私は一度もありませんでした。私が異国の地で楽しく過ごせたのは上海の街と上海の友人たちのおかげなので、みんなにとても感謝していますしありがとうと伝えたいです。