Hidemi Shimura

Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ

  • チャリティアートオークション開催のこつ Art Auction Fundriser Tips 2011-07-25 またまたこちらのサイトより http://www.artbusiness.com/auctips.html This article is from this site チャリティオークションに参加したのでもっと勉強してみようと思いました↓ アートオークションを開催することは非営利団体にとって資金調達のため、作品を寄付するアーティストにとっては宣伝のため、購入者にとっては良い作品を手ごろな価格で手に入れるための良いチャンスとなりうる。以下の点は、主催者、購入者、寄付者すべてにとって、アートオークション募金活動で目標を実現するのに役立ちます。 アーティストへ **キャリア面でのポイント-寄付するのに最適なのはビジュアルアート団体を支援し、特にビジュアルアートのコミュニティ、コレクターなどメンバーを惹きつけることができるイベントです。数十から何千ものアート好きな人、コレクター、ビジュアルアートのサポーターたちにあなたの作品と名前をアピールするのに良い機会です。 **アート作品を募集している組織についてよく知らない場合は、彼らが誰であるか、過去にもアートによる募金活動を実施したことがあるかどうか、その結果はどうだったのかなどをリサーチしましょう。作品を寄付した(しようとしている)アーティストたちの名前を聞くのも良いかもしれません。 **少なくとも、寄付したイベントへは無料で入場できること。また、あなたがどのようにプレゼンされるのか-名前、略歴、カタログ掲載、作品がインターネット上に載るか、あなたの連絡先やサイトへのリンクなどがイベントを主宰した組織のウェブサイトに載るのかどうかなど確認しておきましょう。 **作品を寄付する前に、主催者と話をして売れそうな作品のタイプと価格帯を聞いてみましょう。前のオークションのサイトやカタログがあるかどうかも聞いてみましょう。入札者の好みや予算を調べてそれに合う作品を寄付すればより注目を浴びて、高値で落札されるでしょう。 **質の良い作品を寄付しよう。アトリエの隅にしまいこんであったようなレベルの低い、魅力のない、古い作品を寄付してはいけない。作品の寄付により、あなたの寛容さだけではなく、最近制作している作品の質や傾向を積極的に人々に見せるチャンスだととらえましょう。 **できるだけ多くの新しいコレクターの興味を惹きつけ、自分自身を紹介できるように、作品以外にあなたの略歴、連絡先情報も添付しましょう。あなたの作品を気に入った人は、あなた自身について、あなたの今までの経歴、他にも作品が欲しいときや質問がしたいときにどこに連絡すればいいかなどが分かっている場合により高い入札をする傾向がある。しかし、この場合経歴などは簡略化されたシンプルなもので十分です。 **サイレントオークションであろうとライブオークションであろうと、普段の販売価格を踏まえた範囲内でできる限りリーズナブルな最低入札価格を受け入れましょう。あまりにも高い最低入札価格を設定すると入札者たちはしり込みしてしまいます。多くの人々が手ごろな価格で作品を手に入れられるからチャリティオークションに参加するのです。また、入札者が誰もいなかった場合あなたのキャリアに傷がつくことになります。もしあなたが良いアーティストで、展示や販売の実績があって、人々がそれを知っていたら、最低入札価格がどんなに低くても自然に入札価格は適正な価格まで上がっていきます。 **あなたが特定の価格以下で作品を販売したくない場合は、その価格以下に最低入札価格を設定するが、その特定の価格に到達したときにのみ販売するということをオークション主催者に伝えよう(もちろん、そのオークションでそれが許されている場合)。あなたが500ドルで販売したい場合、例えば200ドルで入札を開始します。その方法では、作品が売れなかった場合でも、入札者を惹き付けるでしょう。しかし、高すぎる販売価格を主張するとオークションが目的としていること(チャリティ)よりもあなた自身と作品の値段の方が重要だと思っているととらえられる可能性があることに注意してください。 **あなたの作品が売れるようにオークションの主催者にできる限りの協力をしましょう。こういうイベントで最悪なのは作品が売れ残るということです。 **寄付を頼まれたイベントすべてに作品を寄付するのはやめましょう。作品を取り扱っているギャラリーがある場合はなおさらです。作品のマーケットを狭め、ギャラリーで買うよりも次のチャリティイベントまで待てば安く作品が買えるとコレクターに思われることになるかもしれません。多くのチャリティをサポートしたかったら作品を適正価格で売って現金を寄付しましょう。 オークション参加者へ **すべての作品を見てください。チャリティオークションは今まで見たことがない作品やアーティストについて学ぶのに良い機会です。 **すべての作品がバーゲン価格で買えると思わないように。入札する前に作品を直接見たり、作品リストをもらったりして自分がどの作品が好きなのか決めておきましょう。そうすれば賢く入札できます。 **そのアーティストの最近の質の良い作品であることを確認しましょう。残念なことにアーティストの中には在庫を減らすためにレベルの低い前に売れなかった作品を寄付する人もいます。 **寛大な心で参加しましょう。チャリティイベントをサポートするためにオークションに参加するのですから、もし予算以上に作品を買ってしまったとしても良いことに使われるのなら良しとしましょう。 **アーティストがオークション会場の作品の近くにいることもあるので、アーティストに直接会って作品について話す良い機会にもなります。 **夢中になり過ぎないように。次の日の朝にあまり見たくもないような作品を買ってしまったことに気付かないように。 チャリティオークションの主催者へ **作品を寄付するアーティストへのガイドラインを提供しましょう。どのような種類や価格帯の値段が入札者にとって購入しやすいのか、作品やアーティストがどのようにプレゼンされるのかなど。 **オークションがどのように宣伝されて、どのような宣伝効果が得られるのか、何人くらいの人が作品を見ることになるのかなどアーティストに伝えましょう。 **アーティストに入札開始価格と最低落札価格をなるべく低くしてもらうようにしましょう。 **アーティストと作品についての基本的な情報が載っているカタログを制作しましょう。チケットを購入した参加者にすぐに送りましょう。作品を見て考える時間があるほど入札しやすくなります。さらに、イベントの宣伝に力を入れることでより多くの作品が売れ、次回のイベントで更に良い作品や参加者を惹きつける事ができます。 **広くて換気が良くて十分な展示スペースのある会場を選びましょう。リラックスして居心地の良い環境で作品を見られるようにしましょう。満足した入札者はアクティブに入札してきます。 **オークションの入場料には飲み物代も含めましょう。 **入札者には十分な数の席を用意しましょう。 **チャリティオークションに慣れている競売人を雇いましょう。以前にチャリティオークションを成功させた事のある非営利団体に連絡先を聞いて見ましょう。チャリティの場合は商品を掘り出し物を欲しがっている購入者に最短で販売する通常のオークションとは違います。熟練したチャリティイベントの競売人は最終結果に大きな違いをもたらすことができます。 **競売人は参加者を盛り上げて、入札者同士の競争をあおり、それぞれの作品の説明に時間を掛けて、オークションの目的のための寛大な心を喚起することができるようなユーモアのセンスのある人が良いです。 **競売人がそれぞれの作品についてのメモを持っている事を確認しましょう。詳しい説明をすることにより作品の売り上げが良くなります。 **できるだけ目立つように作品を展示しましょう。その環境において作品が良く見えるほど、入札価格は高くなります。ライブオークションにおいてその効果は顕著です。質の良いイーゼル、白い手袋、背景にベルベットの布を掛ける、スポットライトなど手持ちのあらゆる装飾を使って作品をドラマチックに演出しましょう。 **入札者が作品を入札しようとしているアーティストについて情報を得られるようにしましょう。より多くの情報を提供されたほうが入札しやすくなり、入札価格も高くなります。
  • チャリティオークションの様子 Charity Auction in Shanghai 2011-07-25 一ヶ月もたってしまいましたが先月のShun Art Gallery でのチャリティオークションでの様子です。 作品をたくさん落札している人も結構いたりしてびっくりしました。 有名アーティストの作品では価格がどんどん上がり最終的には確か80万円くらいに! それでも定価で買うよりは安いです。 チャリティオークションは買い手にとってはとてもお得でついでに寄付もできて一石二鳥です。 オークションは初めて見ましたけど結構エキサイティングな感じでかなり面白いです。 入札者として参加したらさらに面白いでしょう。 私の作品も色々な方に買われていき、少しは日本のために役に立てたかなーとうれしく思っております。 It is a charity auction at Shun Art Gallery last month. I was surprised by there were some people buying a lot of artworks. Works of famous artists eventually rise to about 800,000 JPN ! It is still cheaper than buying at full retail price. For bidders charity auction has two good ...
  • 明日の神話事件について 2011-05-25 岡本太郎「明日の神話」に付け足した福島第一原発事故の絵、アート集団Chim↑Pomが認める – シネマトゥデイ 岡本太郎だったら全然怒んないしもっとやれーって言うかも知れないし。 別に直接落書きしたわけじゃないんだからいいんじゃないの。 そもそもあの絵があそこに掛けられたのは、アートってのは人に見られなければ意味がないし、もし壊れたり汚れたりすることがあってもいいじゃないか!っていう岡本太郎の生前からの言葉に敬意を表してなのだ。 若くて未熟なアーティストがちょっと暴走しちゃったくらいだったら岡本太郎ならガツンと受け止めると思うし。 でも、もうちょっとひねった内容の絵を描いて欲しかった気もするけど… 「人の作品に落書きなんてとんでもない。」とか「ただの売名行為」とか言って批判してる人も相当いるけど。 まさに狙い通りの反応で思う壺になっちゃってるし。 「後から名乗り出なかったら良かったのに」っていう意見も多数ありましたが、 目立ちたがりだからアーティストなんかになっちゃったわけだから人に言わないで我慢するなんてできるわけない。 最近なんだか”売名行為”って言葉よく聞くけど、 そもそも、アーティストってタレントと同じでそこそこ有名にならないと食べてはいけないですよ。 みんな有名になるために必死ですから。 だから、ギャラリーや美術館で作品展示するのだってある意味”売名行為”なのよね。 何もしないよりたとえ批判されようと”何か”をやったほうがえらいと思うわ。 というわけでこの行為はアート(の中の一部分)として認めても良い、と思う。
  • 東日本大震災チャリティーアートオークション:作品募集 Shun Art Gallery 上海 2011-05-20 ※オークションは既に終了しており、作品募集も終了しています。 上海莫干山路50号クリエイティブエリアにあるギャラリー Shun Art Gallery (上海熏依社画廊) で6月にチャリティアートオークションが行われます。 私も作品を十数個どさっと寄付します。 このShun Gallery のオーナーShunさんはギャラリーがオープンした頃からの知り合いですが、日本に住んでいたので日本語も話せます。 2008年の四川省地震のときにもチャリティオークションをして、売り上げが四川省の学校の図書館の修復に使われました。 日本から参加だと送料がかかってしまいますが、上海で展示が出来て更に人の役にも立てるという良い機会ではないでしょうか。 中国在住の日本人アーティストはあまりいないので日本のアーティストの皆様の参加をお待ちしております。 あと、正式なオークションですから真贋証明のため作品へのサインはお忘れなく! 平面でキャンバス、パネル作品以外は額装もよろしくお願いします。 東日本大震災チャリティーアートオークション If We Hold on Together オークションの日付と会場 2011年6月25日(土)14:00 – 19:00 上海熏依社画廊 と 上海環球金融文化中心(浦東世紀大道100号29F) オークションプレビュー展(上海熏依社画廊)6月18日(土)-6月24日(金)10:00 – 18:00 主催:NPO法人 Art Art,NPO法人アジア友好協会,上海熏依社画廊 サポーター:上海物語文化伝播有限公司,上海鼎風芸術品拍売有限公司,無国界文化共同体,アジア芸術教育基金会,清華美院現代アート制作研究班,泰瑞芸術基金 後援団体:上海日本領事館,上海大韩民国領事館,上海名流芸術機構,成都藍頂美術館,上海閬風芸術画廊,上海瀚芸服装有限公司,上海市服飾学会,旗袍沙龍,瀚铭芸術機構,日本香染芸術,360°Graphics 等 作品応募方法 1、作品について 1)ジャンル不問;油絵,版画,彫刻,肖像画,ドローイング,水墨画,書道等 2)オークションはオークション会社の協力のもと、公式に行います 3)オークションで得た利益はUNICEFを通してすべて被災地に寄付されます 2、必要な情報 作品を寄付するアーティストまたは団体の詳細情報:略歴、顔写真含む 作品情報:作品画像(300dpi,5MBくらい、印刷に適したもの),作品題名、サイズ、技法、制作年 応募する作品数に上限はありません これら情報を下記メールアドレスまで送ってください; gallery@shunartdesign.com 被災地の方々へのメッセージ:オークション前のプレビューに一緒に展示します。今後日本で巡回展を行う際にも展示する予定です。 3、作品提出期限 2011年4月1日(土)-6月18日(土) 作品送付先住所:上海市普陀区莫干山路50号3号楼103/208室 200060 4、版権 寄付される作品は必ず作家本人または団体のオリジナル作品とします 真贋に疑問のある作品はご遠慮ください 5、広告 1) 主催者はチャリティオークションの広報、作品展示、紹介、販売などを担当します 2) 主催者は参加するアーティストのためのインターネット広告を行う予定です 3) 主催者は今回のオークションのために画集を制作します。作品を寄付された方にはそれぞれ一冊ずつ送付しますので住所もお知らせください。 4) 主催者は作品を寄付された方に寄付証明書と感謝状を贈ると同時に、映像資料や画像などでイベントの様子をお知らせします 質問のあるかたはこちらまで; 上海熏依社画廊 地址:上海市普陀区莫干山路50号3号楼103/208室 200060 電話/FAX:021 5252 7198 メール:gallery@shunartdesign.com(日本語、英語、韓国語、中国語可) その他、ギャラリーに連絡してみてもまだ分からない事があるなど、困ったときはこちらまでどうぞ hidemishimura@gmail.com
  • 東日本311地震慈善義拍 ; 征集美術作品 上海熏依社画廊 2011-05-20 上海熏依社画廊举办慈善义拍在六月。我也捐赠几个作品。 2008年汶川大地震后上海熏依社画廊举办慈善义拍活动。得到了248位艺术家的支持,为义拍捐赠了作品,作品拍卖善款捐赠修建七个学校的图书室。 东日本311地震慈善义拍活动信息 If We Hold on Together – 东日本311地震慈善义拍 义拍时间及地点 2011年6月25日(周六)14:00 – 19:00 上海熏依社画廊 及 上海环球金融文化中心(浦东世纪大道100号29F) 义拍作品预展(上海熏依社画廊)6月18日(周六)-6月24日(周五)10:00 – 18:00 主办:NPO法人 Art Art,NPO法人亚洲友好协会,上海熏依社画廊 协办方:上海物语文化传播有限公司,上海鼎风艺术品拍卖有限公司,无国界文化共同体,亚洲艺术教育基金会,清华美院当代艺术创作研究班,泰瑞艺术基金 支持单位:日本驻上海领事馆,大韩民国驻上海领事馆,上海名流艺术机构,成都蓝顶美术馆,上海阆凤艺术画廊,上海瀚艺服装有限公司,上海市服饰学会,旗袍沙龙,瀚铭艺术机构,日本香染艺术,360°Graphics 等 关于作品征集 1,作品要求 1)形式不限;油画,版画,雕塑,肖像画,铅笔画,国画,书画等 2)考虑到让更多的人参加与到这次活动,作品以无底价起拍 3)艺术品均以免费形式提供给活动主办方,作品义拍所得款项以及买受方拍卖佣金全部通过联合国儿童艺术基金会捐赠地震灾区 2,征集要求 捐赠作品的艺术家和艺术机构的信息;包括个人照片和简历 艺术作品的信息;作品电子图片(可用于印刷,大小在5M左右),中英文名,作品类型,尺寸等 作品征集数量不限 提交信息请发送邮箱; gallery@shunartdesign.com 主办方提议,参与本次义拍活动的艺术机构及艺术家为灾区人民留下捐赠寄语,鼓励灾区人民树立信心,重建家园 (主办方会带上所有参与者的寄语在日本做巡回展,将参与者的心声传递给日本人民) 3,作品提交时间 2011年4月1日(周五)-6月18日(周六) 作品邮寄地址:上海市普陀区莫干山路50号3号楼103/208室 200060 4,版权 所有捐赠作品须为参与艺术家本人或艺术家机构的原创作品 不接受仿制品 如有疑问,请联系; 上海熏依社画廊 地址:上海市普陀区莫干山路50号3号楼103/208室 200060 电话/传真 021 5252 7198