Hidemi Shimura

Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ

  • 竜安寺・天龍寺 2005-11-04 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura 竜安寺・天竜寺のチケット 竜安寺の方丈庭園はもうとっても有名ですよね。最近だんだん岩の苔が増えてきたらしい。 天龍寺の庭も周りの山々をうまく借景にしていて良いです。 あと嵯峨野に行くなら落柿舎(らくししゃ)がおすすめ。行った時ちょうど黄色い柿がたくさんなってたし、落柿舎の前には昔ながらの畑も残してあって景色が素晴らしいです。
  • 清水寺 高台寺 2005-11-03 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura 清水寺と高台寺のチケット ここでも京都アートウォークをやっていました。特別公開で見た清水寺の成就院の庭と高台寺の傘亭は一見の価値あり。
  • 河井寛治郎記念館 2005-11-03 Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ  Hidemi Shimura 河井寛治郎記念館は実際に彼が住んで制作していた家をそのまま使っていて、建物も置かれている家具もいい雰囲気なのです。特に椅子はどれも座り心地が良くてびっくりです。巨大な登り窯と素焼き用の小さい窯も残してあり見学できます。なんといっても展示してある河井寛治郎の作品が素晴らしいです。たぶん、ちょっと風変わりな作品なんだけど
  • 大阪の歴史豆知識 2005-11-03  地元のおじさんに聞いた話。 大阪はもともとは海であった。 吹田市あたりが海岸線であり吹田市あたりでは地面を1mも掘るときれいな白砂が出てくる。 浪速という呼称は文字通り波が速い場所だったところから来ている。なんばという呼び方も船がよく難破したことからきている。 四天王寺をみんながてんのうじと呼ぶのは「し」が縁起が悪いから、てんのうじでは春分の日と秋分の日は鳥居のど真ん中を太陽が昇ったり降りたりするように作ってある。 大阪はもともと大坂と書いたが土に返るという意味が死を連想させるので明治になってから今の漢字に変えられた。 だそうな
  • 京都アートウォーク05 2005-11-02 清水寺と二条城で11月3日まで京都アートウォークというのをやってます。二条城では二の丸御台所が特別公開中でそこがアートウォークの会場になってます。  たまたまここで観客参加型作品を展示してるエヴェリーナ・ドミニックさんとドーミトリー・ゲルファンドさんと同じ宿で、展示を見た宿の人が「いやー、あれには持ってかれたよ!」と言っており、いったいどこに持っていかれるんだーと思って見に行ってみたのです。  作品は今まで経験したことがないもので、暗闇の中耳をやさしく突き刺すような音+うねうねした青い光の線が目の前でうねうねと動き…コンセプトも難しくてびっくりなのでHPで見てみて下さい。