Hidemi Shimura

Art Random -art memo- 現代美術作家シムラヒデミのブログ

  • 中国★美の十字路展 No2 (らくだ編) 2005-09-11 なかなかナイスならくだ達がいたので記録しとかないと。 (左)牽駝俑 加彩陶    北魏(386-534)    高 19.5cm 長 23cm    内蒙古自治区博物館  本例を駱駝とする理由は、背中に飛び出た二つの突起を瘤と理解するためである。しかし、それらは駱駝の瘤の特徴を的確にとらえているとはいい難い。(図録より) (中)騎駝俑 加彩陶    隋(581-618) 開皇17年(597)    山西省考古研究所  人が右手に持ってるのは楽器もしくは食べ物らしい。駱駝と人の大きさのバランスがどう見てもおかしいのだが、結果的に美しいシルエットに仕上がっている点が興味深い。  (右)駱駝 加彩陶     北周(557-587) 天和4年(569)    高 18.4cm 長 20.5cm    固原博物館
  • 選挙ブーム 2005-09-10 某政党が配っているフリーペーパー「マニ○ェスト」。 配る時に「どうぞ、ただですよ!」って言われてなんか違和感… ただで当たり前じゃん! なんでお金払ってまであなたたちの政策を読まなきゃいけないの? それを刷るお金はどこから出てるのよ? って思いましたー。大人だからいちいち怒らないけどっ。 現代美術作家としては政治にも関心を持たなきゃいかん!と 常日頃自分に無理矢理言い聞かせ 投票にも無理矢理行ったりしてたけど、 今度の選挙は私の周りの人々も行く気満々だ。
  • ストップウォッチ 2005-09-09 ストップウォッチはCG制作者の必需品(私持ってないけど…) あると絶対便利!アニメーション制作に役に立ちます! 欲しくなっちゃったので調べてみた プリンター付きのまであるのね、陸上選手とかが使うのね。 でも銀色でアナログなのが一番かわいいわ。
  • 中国★美の十字路展@森美術館 No1 (さる編) 2005-09-04 後漢~唐までの時代の中国美術の展示。 会場に入っていきなりこの「猿」(写真右)に遭遇。 チャップマンブラザーズのあのマクドナルドの(写真左)に似てるわー!と思って 帰って調べてみたらあんまり似てはいなかった。 この「猿」実物はかなり愛らしい感じだったんだけど、 やっぱり写真じゃなく実物じゃないと。 写真右 「猿」作者不詳、木、後漢(25-220)、甘粛省武威市出土  ざっくりとした造型の猿。向かって右上にみとめられる顔はなんとも神妙な面持ちである。(図録解説より) 写真左 「CFC76311561」 チャップマン・ブラザーズ (2002制作)  1962年英・ロンドン生まれの兄ディノス、1966年英・チェルテンハム生まれの弟ジェイクによるユニット。兄弟共に1990年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート修士修得。ギルバート&ジョージのアシスタントを経て、二人一組で活動開始。ゴヤの版画の模型化、奇形の子供のフィギャー、マクドナルドのロゴ入り偽アフリカ彫刻など、ショッキングな作品で賛否両論を受け続ける。
  • PRADA青山ビル 2005-09-03 ここの地下1階であらかわいいと手に取ったスカートが114万円だった時は倒れそうになったものよ… ここのビル、1階のバッグ売り場ばっかり混んでるけど他の階も見たら面白いのに! PRADAは絶対靴とか服の方がかわいいのに! 見るだけならタダなんだから見てけばいいのに!  ビルの中は外見の印象とはうって変わって細かい高低さがあって、白壁が曲線的でなんとなくモロッコとかの建物をほうふつとさせるような造り。 なぜか中にいると安心する。  上のほうの階は売り場の周りにちょっと低くなって囲われててソファがあって見晴らしの良い空間があるんだけどここは絶対上客の応対用スペースよねー  客「今日はこういうのが欲しいんだけど」  店員「はい、ただ今持ってまいります」 みたいな会話がされて、座ってれば服を持ってきてもらえるみたいな買い物のしかたをしてるのねー、きっと。うっとり… PRADA青山 設計 ヘルツォーク&ド・ムーロン